トップ » 自立生活プログラム
ラインライン ライン

自立生活プログラム

「自立生活センター レイ」の活動の目的は、社会のバリアーを打ち砕くこと。 そして、重度障害者の生活を支えること。障害者、健常者にかかわりなく、 多くの仲間に支えられ、確実に社会に根をはっていきたいと考えます。

自立生活プログラム(グループ)  家庭や養護学校、福祉施設などでは会得しにくい「障害者の自立生活のうらわざ」を  学びあう場。自立生活を実践している当事者リーダーが、集まってきたメンバーの  状況にあわせてポイントを抑えながら、プログラムをすすめていきます。  (内容その他のお問い合わせはお気軽に事務局まで。) 個別プログラム(個別のニーズに合わせて実施)  ・訪問プログラム   家から出ることの困難な人に対して自立のノウハウを学ぶ機会を提供する。  ・個別外出プログラム   自分で計画して達成する喜びを味わう機会として、他人介助になれるプロセス   として行う。また実地に社会資源などの利用方法を学ぶ場とする。 相談事業  各種専門機関へのアプローチの仕方等、持っている情報をフル活用して、  私たちと一緒に問題解決していきます。  ケアマネジメントから、ちょっとした自助具の相談まで、365日受け付けます。

ホームに戻る